レンタルサーバー比較

ホームページを公開するためには、ドメインとレンタルサーバーが必要ですが、レンタルサーバーと一口に言っても、様々なレンタルサーバーがあります。

格安なサーバーですと、月額100円程度で借りることができます。高額なサーバーとなりますと共用サーバーでも1万円というのも別に驚くような価格ではありません。専用サーバーともなりますと、もはや上限はないようなものです。

このサイトでは主に格安な共用サーバー中心に紹介していきますが、専用サーバーについても、紹介させていただきます。

共用のレンタルサーバーを借りようとする場合は一体どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

まず、趣味で使うのか?仕事で使うのか?で随分と変わってくるでしょう。趣味でサーバーを借りるのであれば、仮にサーバーが一時的に落ちて利用できなくなってもそんなに困ることはないでしょうから、ある程度のリスクを背負ってでも格安なレンタルサーバーを借りたいところでは無いでしょうか?

一方、仕事となりますと、サーバーが落ちては、機会損失を招きますので、ある程度しっかりしたサーバーを選択する必要があるでしょう!

実際、格安なサーバーの場合、データが丸ごと無くなってしまうケースがよくあったりするのです。趣味であっても、例えばMovable TypeとかWordpressなどのCMSを利用している場合、データベースに記事が入っていますし、ほとんどの方はそのようなデータのバックアップは取られていないでしょうから、消えては困ると言う方はある程度コストをかけて、安いサーバーではないレンタルサーバーを選択しておいた方がよろしいかと思います。

もちろん、格安であっても、ほとんど問題の無いサーバーもあります。例えば、さくらのレンタルサーバーなどは、十分格安ですが、通常用途ではほとんど問題は発生しません。また、さくらインターネットといえば、日本の半分くらいのシェアがあるのでは無いかと言うくらいに皆さん利用していますので、会社としても安心感が違いますね。

実際、さくらインターネットが倒産ということになりますと、日本のホームページの大半が見れなくなってしまいかねないくらい影響力があるのです。

話は戻って、このサイトで紹介するレンタルサーバーは、とにかく費用を抑えたい方を中心に、安価で、且つ、ある程度安定性のあるレンタルサーバーを選んで紹介していきます。

実際に、弊社にて借りたことのあるレンタルサーバーを比較しながら紹介するようにしています。

ただし、弊社で作成するホームページは、Dreamweaverや、エディタでHTMLタグを直接書くようなシンプルなサイトがほとんどで、WordPressのようなCMSをつかうことや、ましてやPHPなどで作成することはほとんどありませんので、どのサーバーがどの程度の負荷に耐えれるかなどは、判断しかねる部分ではあります。

しかしながら、FTPでの接続してみた印象など、ちょっとした部分はレンタルサーバーのサイトを見ただけではなかなか分からない部分でもありますので、感想があれば、紹介していきたいと考えています。

比較しながらと書いたのですが、実は昨今のレンタルサーバーはあまり比較する点が多くありません。

例えばデーターベースが使えるか否かという機能比較があります。データーベースが使えないと、WordPressやMovableTypeなどのCMSはまず使えません。さらにWPに対応するためには.htaccessにも対応していないといけません。もちろんPHPも絶対条件ですね。

一昔前の格安レンタルサーバーの場合、データーベースや.htaccessには未対応というレンタルサーバーが多かったのですが、WordPressを使いたいという理由でレンタルサーバーを借りる方も多いようで、最近ではこれらに対応していないサーバーはほとんど無いのが現状です。特にPHPやデータベースは上位プランだけで対応するというレンタルサーバーがを多かったのですが、ロリポップやさくらのレンタルサーバーがこぞって月額100円程度のプランで対応してきていますから、もはや対応しないとこれらのレンタルサーバーとは太刀打ちできない感じなのでしょう。

従って、機能面の比較する項目も正直なところあまりなかったりします。ディスク容量も何十GBというのが当たり前になりつつあります。ちょっと考えてみれば分かるのですが、ホームページを公開するのに必要なディスク容量はあまり大きい必要はありません。画像ファイルにしても、HPで公開するのであれば、できるだけ圧縮して表示が遅くならないようにするのが一般的ですから、動画をつかわない限りはまずは使い切ることはありません。

もちろん動画を扱う場合はディスク容量も重要なポイントでしょうが、それにしてもGB単位は必要ないのでは無いでしょうか?

そんな感じなので、実はレンタルサーバーは、ブランディングと価格勝負な一面は否定できません。いくら安くて機能面が充実していても、しょっちゅう落ちるサーバーでは困りますよね。実際、弊社で借りたサーバーの中にはそのようなサーバーも少なからずあったりします。

たまたまなのかもしれませんので、どのサーバーがダメだったかはあまり公開しませんが、逆に紹介もしないようにはしています。

格安レンタルサーバーで人気なのは?

格安レンタルサーバーで人気なのはどのようなレンタルサーバーなのでしょうか。格安レンタルサーバーの中には、サポート体制がしっかりとしていて、初心者であっても安心して利用できるというサーバーが多いようです。例えば、エックスサーバーは、24時間いつでもサポート体制が整っているので、何か問題が発生したりした時にでも速やかに解決方法を教えてくれることでしょう。また、さくらインターネットも人気のレンタルサーバーの1つです。

さくらインターネットが評価されている理由として、これもトラブルが起こった時などのために電話での対応を受け付けているという点にあるようです。さくらインターネットのレンタルサーバーで初めてのホームページを作成したとしても、それは順調に行く可能性が高いと見込んで利用することが出来るのではないでしょうか。

他にも人気のレンタルサーバーがあります。それはロリポップというレンタルサーバーです。ロリポップがたいへん人気である理由とは、第一に価格が安いということではないでしょうか。これら三つの格安大人気のレンタルサーバーについて手短にご紹介しましたが、

これらのレンタルサーバー以外にも、もちろん数多くの破格のレンタルサーバーもあります。それぞれのレンタルサーバーにそれぞれの特色があり、人によって、このレンタルサーバーはやりやすいと感じるものとそうでないものと様々のようですので、レンタルサーバー 比較して自分が使い勝手の良いものを選んでみてください。

このページの上へ